後輩が突然の病で入院した。

 

まだ30代で健康そのものだったので暫くすれば回復するだろうと思っていたが、病名もはっきりしないまま意識が戻らない状態となっていた。

 

どうやら麻酔の量が原因らしく、一向に目が覚めないまま時間だけが過ぎていった。

 

一ヶ月ぐらい経った頃だろうか、部屋の片づけをしていると整理棚の間からス〜ッと写真が落ちてきた。

 

ふと見ると僧侶の青年会で、子供たちの修養道場の準備をしている彼の写真だった。

 

「なぜこんなところから彼の写真が??」その瞬間、電話が鳴った。

 

「虫の知らせ」とでも言うのだろうか、嫌な予感は的中した。

 

わたしは彼が自分の死を知らせにきたのだと確信した。

 

すぐさま本堂に向かい、仏さまの前で泣きながらお題目を唱えた。

 


世の中には「虫の知らせ」や「お迎え現象」といった不思議な現象がある。

 

「お迎え現象」とは臨床時の枕元に、亡くなった人が迎えに来るかのように現れることである。

 

お檀家さんで90代の女性のお見舞いに伺った際に、「昨夜、母がベッドに入ってきて添い寝をしてくれて私の頭を撫でてくれた、久しぶり母に会えて嬉しくて母の温もりを感じた」と話されたことがある。

 

「お迎え現象」だったのか、それから数日後に安らかに亡くなられた。

 

医学では譫妄(せんもう)と言われるが、本当のところは解明されていない。

 

非科学的な事なので「わからない」というのが正解なのだろう。

 

「お坊さんは霊が見えるのですか?」「死後の世界はあるのですか?」と質問されることがよくある。

 

霊という怖いイメージのものではなく、亡くなられた親しい人や広く言えば仏さまを感じることはあるし、死後の世界も暗い怖い世界ではなく、親しい人とまた会える場所があると信じていると答えている。

 

非現実的な現象と体験談は胡散臭いと言えば胡散臭いが、一方で宗教的信仰的体験とも言える。

 

死は植物が枯れるのと同じように自然なものなので、医療をどんなに尽くせども人は必ず死を迎える。

 

その死と向き合う時の支えとなるのが宗教的信仰的な体験ではなかろうか。

 

人生の最後が断崖絶壁から滝つぼに落ちるようなものでは、なんのために努力し我慢し生きているのか人生そのものの意味が見出せないだろう。

 

いのちは今生限りのものではなく、死をもって無になるようなものではない。

 

「あの世」というところは「往く」ところなのか「還る」ところなのか、個々人の宗教観や死生観によって違いはあると思うが、死んでから困らないように、そして迷わないように、生きているうちに「往くところ」「還るところ」の道しるべとなるものを醸成しておきたい。

関連する記事
コメント
コメントする